文才ゼロから始めるWeb記事執筆術(浅川 義人)の可能性

シャルです。

 
コピーライティングを推奨している
ある人のメルマガで、こちらの教材が取り上げられていたので
私も少々気になり、覗いてみました。

 

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術(浅川 義人)

http://saizero-writing.com/

特定商法表記
・浅川 義人
・神奈川県川崎市宮前区平4-11-7 グレイス宮前205

 
あなたらしい文章を活かし、
読者に読みやすく、わかりやすく、
読者の知りたいことを届けることで、
どんどん読者が集まり、ファンが増え、
集まった読者へ自然体(本心)で商品を紹介し、
喜んで買ってもらえる

 
そんな「記事」を書いていくためには、
コピーライティングを学ぶ以前に
「やるべきことがある」

 
それがこの教材の一つの
アピールポイントになっています。

 
いくらコピーライティングを学んでも
そもそもの「記事の書き方」というものを理解していなければ
ブログにアクセスは集まらないし、商品も売れない。
というよりも、紹介すらできないと思います。

 
だからこそ、前提として
まずは、記事を書く力、「記事力」を
身につけていく必要があるということです。

 
ここで言う「記事力」というのは
ありきたりなビジネスメールや
資料作成で綴る文章を書く力ではありません。

 
読者が集まらない文章を記事にしたところでは
意味はないのです。

 
記事というのは、誰からに読まれてこそ綴るものであり、
やはり、求められる力としては、

 
いかに読まれる記事であるか

 
だと思うのです。

 
つまりは、「読みたい」と思う文章を書く力ですね。

 
勿論、そこには「コピーライティング」というスキルは
大きな役割を果たしてくると思うのですが、
今までブログ記事を書いたことが無い人が、
いきなりそこに着手して、記事が書けるようになるのか。

 
やはり無理があるように思える。
そう思いました。

 
事実、私がブログを書き始めた頃を思い出すと
コピーライティングを活かす以前に、
まず読める文章ではなかったのです。

 
さらに、そんな文章一つ書くのに数時間かけていましたからね・・・。

 
そういう時代を経験した私から言わせて見れば
この教材で主張することは、「正しい」と思います。

 
ブログ記事を書いたことが無い人には、
まず「読める文章」、そして「読まれる文章」を書く
「記事力」を最初に身につけるべきだと感じたのです。

 
ただ、勘違いしてはいけないことがあります。

 
この教材で謳っている「記事力」にせよ
「コピーライティング」にせよ
そういう力を身につける上で最も大事なことは、

 
書き続けること

 
これができなければ、
いくら質の良いライティング教材を手にしたとしても
おそらく文章を書く力は身に付かないと思います。

 
なぜなら、文章に限らず、力というものは
繰り返しの練習の積み重ねあってこそ身に付くものだからです。

 
「コピーライティング」から始めてしまった私でさえ
今では、こうしてそれなりの文章を書けるようになっています。

 
ここまでに至った根拠を言えば、
コピーライティングを学びつつ(インプットしつつ)

 
何度も自分で考え、記事に書き下ろしたから(アウトプットしてきたから)

 
だと思います。

 
もし、その行動をする覚悟があって
尚且つ、ブログ記事など書いたことが無く、
アフィリエイターとして稼ぐことを夢見るのであれば
この教材を手にとり、一アフィリエイターとして
情報発信する力を身につけていってもいいと思います。

 
一応私のブログで取り上げている
アフィリエイターとして稼ぐ
情報発信の方法についての記事も載せておきますので、
教材を手にする前に、一度目を通してみてもいいかもしれません。

 
アフィリエイトで稼ぐ為の方法(戦略)

 
それでは、また次回。

 
シャル

 

お勧めページ

シャルの無料コンテンツ一覧

シャルのアフィリエイト無料講座

シャルの推奨教材一覧

One Response to “文才ゼロから始めるWeb記事執筆術(浅川 義人)の可能性”

  1. yoshihiko より:

    こんにちは。
    おっしゃる通り、読める文章、読まれる文章を作成しない限り、どんなに素晴らしい文言を使っても意味はないですよね。
    読み手を意識して書く!
    僕も意識していきたいと思います。
    またお邪魔します!

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール


管理人:シャル
趣味:読書、ゲーム、PC自作
画像は自前のファイルサーバとお勧め心理学書籍です。
本業がシステムエンジニアの副業アフィリエイター
詳細プロフィールはこちら

ブログランキングに参加中

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ